トップに戻る

浅野内匠頭長矩の生涯と浅野家

ホームページ移転のお知らせとお願い auホームページ公開代理サービス閉鎖(20171031)の連絡を受け、このサイトに移転しました。旧URLでブックマークやリンクをお貼りの皆様、お手数ですが変更をよろしくお願い致します。

赤穂義士のトップページに戻る このページについて

元禄赤穂事件の浅野家三代藩主 長矩の情報を中心に、実弟の長廣のことや浅野家の家系図と赤穂浅野藩が誕生する過程及び浅野藩の支配地と石高の詳細を記しています。

浅野家の系譜と赤穂浅野藩

浅野家 秀吉と長政は義兄弟!赤穂浅野家の家系図です

家系

清和源氏→源頼光→六条院の時、尾張国浅野庄に住み浅野次良と称す。浅野又右衛門長勝は織田信孝と信長の二代に仕え弓役となる。長女が秀吉夫人のねね(高台院)で次女のやや(長生院)に長勝の姉の子である安井長政を迎えて婿養子とした。これがのちの浅野弾正少弼長政である。

浅野家の始祖

浅野弾正少弼長政(1545〜1573.9.26)は秀吉の天下統一後、論功により甲斐国甲府に築城し二十四万石の大名となる。秀吉の没後、石田三成と不仲から関ヶ原の戦いでは長男幸長と共に徳川方につき参戦。
浅野家の違い鷹羽の家紋です

長男 幸長

関ヶ原戦の論功で紀伊国三十六万六千五百石の大名となるが後継がいなかった。

次男 長晟(ながあきら)

大坂夏と冬の陣で武勲を立て、幸長の後を継ぎ紀伊国藩主を経て、安芸国と備後半分の四十二万六千五百石の広島城主となり明治まで続く。

三男 長重

二代将軍秀忠の人質として江戸に住み小姓として仕えて寵愛され、慶長六年(1601)に下野国真岡に二万石を賜り大名となる。慶長十一年(1606)には隠居して常陸真壁五万石を賜り元和八年(1622)に没し嫡男の長直が常陸笠間領主を継ぐ。
赤穂浅野藩初代藩主 長直

浅野長直の画像です
長直像 花岳寺

浅野長直の花押です
名君と謳われる 常陸笠間領主から正保元年(1644)一月十一日、赤穂五万三千石に転封となり赤穂浅野家が誕生する。
長直の功績
  • 赤穂城の築城 「一国一城令」発布後に許可を得て十三年かけて築城。
  • 新田の開墾 新田を開墾して新田村をつくり、米を増産する。
  • 塩田の拡張 江戸に於ける塩市場を独占する生産体制を確立する。
  • 上水道の整備 江戸や福山と並ぶ日本三大上水道を造り上げる。
  • 山鹿素行を招聘家老並みの待遇(1000石の高禄)で招き藩士の資質の向上を目指す。
二代藩主 長友

浅野長友の画像です
長友像 花岳寺

浅野長友の花押です
早世する 長直の嫡男、長友は治政四年にして三十三歳で早世する。
  • 長賢(養子)実子長矩の誕生で加茂郡家原に分家、三千五百石。
  • 長恒(養子)実子長矩の誕生で赤穂郡若狭野に分家、三千五百石。
  • 長矩(実子)父長友の早世に伴い九歳で第三代赤穂藩主となる。
  • 長廣(実子)次男。

夫人の波知(長矩の母)について

寄しき縁の切腹 波知は志摩国鳥羽三万五千石城主内藤飛騨守忠政の娘。後嗣の内藤和泉守忠勝(忠政次男で波知の弟)は延宝八年(1664)六月、増上寺で家光の法要の時に乱心して永井信濃守尚長を殺害し切腹、その二十一年後に甥の浅野内匠頭長矩が刃傷事件を起こして切腹している。 夫人の墓所は赤穂市の大蓮寺

三代藩主 浅野内匠頭長矩

あさのたくみのかみながのり
出自

浅野長矩の画像です
長矩像 花岳寺

浅野長矩の花押です
  • 生年 寛文七年八月十一日(1667)
  • 没年 元禄十五年三月四日(1702) ・ 享年 三十五歳
  • 戒名 冷光院殿前少府朝散太夫吸毛玄利大居士
  • 禄高 五万石 ・ 身分 播州赤穂城主従五位下朝散太夫内匠頭
  • 生国 武蔵国江戸生まれ
  • 幼名 又一郎、又一、又市郎 ・ 雅号 梅谷、茶は石州流、書は北島雪山、兵学は山鹿素行
性格 短気でわがまま

強硬清廉にして短気、わがままで学究肌。長矩は後継に弟の大学長廣を充て側室を持たなかったなど一途な気質が定説となっています。

持病 発病時に刃傷事件を起こす!藩主用お駕籠の画像です

内匠頭には痞(つかえ)という持病があった。つかえとは胸が圧迫されて苦しむ病で三月十一日頃より病状が進み、天候も曇天や雨で病状を悪化させる要因になった。記録によると十二日は終日雨、十三日は曇天、江戸城松の廊下で刃傷事件を起こした十四日は花曇でした。

難解な遺言 意味を推測
遺言「此段兼て為知可申候共、今日不得止事候故、為知不申候、不審に可存候」 飯尾精先生は「千鈞の重みのある言葉で意味深遠な思いのこもった遺言」だと解説されています。

遺言の意味

「予め知らせておくべきであったが、今日の殿中の刃傷も一時の腹立ちではない。武士として忍びがたく、堪忍できなくて止むを得ず起こったことである。そういうわけであるのに、何も知らせなかったからさぞ不審に思うだろう」であり、推測はできるものの、これだけでは理由、原因がよく分からない。遺言を書くことを許されず、田村家の家臣が口述を筆記した事情があり、幕府への配慮もあって、かかる遺言になったのかも知れない。
辞世句 ほんもの?
「風さそふ 花よりもなほ 我は亦 春の名残を いかにとやせん」

句の意味

淡々と死に向かう境地を心静かに詠んだ詩だが浮き世への未練はいかんともし難いと受け取れる。

句の真贋

切腹の有様については多数の史料「多聞伝八郎筆記」「江赤見聞記」「浅野長矩伝」「浅野内匠頭御預一件」「田村家浅野長矩御預之節扣」それぞれに記してあるが、辞世句が出ているのは「多聞伝八郎筆記」だけでその中に御歩行目付水野杢右衛門が受け取って田村右京太夫に差し出したとあるが、切腹をした田村家の記録である「御預之節扣」には何も記録されていない。又、浅野家へ引き渡したものの中にもこの辞世を書いた紙は入っていない。その為、此の辞世句の信憑性を疑うむきもある。
介錯人 介錯を仕損じる

「浅野長矩伝」によれば「磯田武太夫介錯仕損じ申候哉。御耳の脇に疵これ有るの由。御死体受取りに参り申し候者申し候」と武太夫が介錯を仕損じたとある。 切腹時の詳細

妻 阿久利(瑤泉院)

瑤泉院の画像です
阿久利夫人

寂しい余生 備前三好藩因幡長治の次女として寛文九年(1674)に備後三次で生まれる。剃髪後「瑤泉院」、雅号「玉水」、仮名手本忠臣蔵では「顔世御前」
  • 延宝五年(1677)七月阿久利五歳の時に結納。
  • 延宝六年(1678)四月九日に浅野家屋敷に引っ越しをする。
  • 天和三年(1683)正月十一日十歳で結婚する。長矩は十七歳。
  • 元禄三年(1690)同棲する。長矩二十四歳、阿久利十七歳で子供はいなかった。
  • 長矩の死後は名を瑤泉院と改め、今井坂の浅野家(備後三次浅野江戸藩邸)に引き取られ余生を送る。
  • 正徳四年(1714)六月三日今井町三次浅野家下屋敷で没する。享年四十一歳。泉岳寺へ埋葬。戒名 瑤泉院殿良瑩正澄(りょうえいせいちょう)大姉。

阿久利姫の持参金 討ち入り資金に

嫁入りの持参金を赤穂の塩田業者に貸し付けてその利子を化粧代とし、貸し付けの総額は五千四百七十両余と記録に残るが赤穂開城に際し回収できたのは六百九十両で回収率は10%ほどであった。この回収資金を大石内蔵助は浅野家の家名再興や討ち入りの為の活動資金に充てたのである。
討ち入りを前にした十一月末に収支を清書した決算書を瑤泉院付の家老落合与左衛門信勝に届けている。

浅野大學長廣

あさのだいがくながひろ
生い立ちと経歴浅野長廣の花押です
  • 生年 寛文十年(1670) ・ 没年 享保十九年(1734)六月二十日 享年六十五歳
  • 法名 亮監院月清涼山、墓所は泉岳寺
  • 浅野長友の次子で内匠頭長矩の実弟
  • 内匠頭の養嗣子として赤穂領の新田三千石を分知、旗本寄合を務める
  • 閉門 刃傷事件勃発で閉門の処罰を受ける
  • 差し置き 元禄十五年七月十八日、広島浅野家への差し置きが決まる
  • 赤穂浅野家再興 宝永七年九月十六日、安房国朝夷郡に五百石を拝領して旗本寄合に復帰する

赤穂浅野藩の支配地や石高など

石高と支配地

初代は53000石、二代藩主以降は50000石 初代藩主浅野長直の時は五万三千石だったが二代藩主長友の時に実子長矩(三代藩主)の誕生で養子二人の分家(加東郡家原浅野家三千五百石・赤穂郡若狭野浅野家三千石)があって五万石となり、以後断絶まで続きます。領地は赤穂郡の他に加東郡、加西郡、佐用郡の三郡に散在していました。

公の石高(赤穂義臣伝と寛文印知集)
赤穂郡 119村 35.200石
加西郡 33村 8.920石8斗5合
加東郡 24村 8.201石9斗7升4合
佐用郡 5村 1.212石2斗
小計 181村 53.534石9斗7升9合
私の石高(知行之儀奉願候覚)
新田開拓 3844石8斗7升9合
赤穂産塩 2141石6斗7升2合
小合計 5986石5斗5升1合
総計石高(赤穂浅野藩当時)
公私の合計 59520石4斗3升
赤穂の塩と吉良の塩 刃傷事件の一因?

赤穂塩(元禄十四年当時)

  • 塩田の面積 百二十四町歩
  • 生産量 六十七万八千俵(5斗俵入りで)
  • 販路 大坂四割、江戸三割、北陸二割

吉良家の饗庭(あえば)塩

塩田の面積二十町歩(赤穂塩の15%程度の規模)であったとされる。饗庭塩との市場の競合や製塩法を巡るスパイ説などかしましいが虚実は不明。入浜式製塩法とは潮の干満を利用して海水を塩田に導き濃縮鹹水を作り窯で煮詰める製法。
江戸からの距離と道順

距離

実測値は675.5km(172里)だが江戸時代は155里とされた。

旅程

凄い!四日半で 赤穂江戸間を通常15〜16日(江戸京都間12〜13日)とされ1日10里が目安とされた。飛脚便では八日、刃傷事件を知らせる早駕篭は四日半で走破している。

道筋

東海道を京都まで上り、西国街道京都→伏見→淀→山崎→芥川→郡山→瀬川→昆陽を経て山陽道の 西宮→兵庫→明石→加古川→御着→姫路→斑鳩→正条→那波→陸村辺りで山陽道と別れ→佐方→鷹取峠→七夕→千種川沿いに南下→息継ぎ井戸→赤穂城東の惣門に至る。
元禄赤穂事件関連ページ

事件の年譜 刃傷事件・赤穂開城(その1) 山科隠棲・江戸下向(その2) 困窮生活・討ち入り(その3) 泉岳寺・切腹・遺族(その4) 事件の詳細 刃傷事件・内匠頭切腹(その1) 赤穂開城・仇討ち準備(その2) 吉良邸討入り(その3) 引き揚げ・泉岳寺(その4) 切腹・遺子の処罰(その5) 赤穂城・浅野家・吉良家 赤穂城古写真など 浅野内匠頭長矩 吉良上野介義央

赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼亮
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼定 不参加 萱野重實

■ページの先頭に戻る ■トップページ ■赤穂義士トップページ ■次のページ(吉良上野介義央)
赤穂浅野家の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ