トップに戻る

赤穂義士 赤埴源蔵重賢の一部始終

ホームページ移転のお知らせとお願い auホームページ公開代理サービス閉鎖(20171031)の連絡を受け、このサイトに移転しました。旧URLでブックマークやリンクをお貼りの皆様、お手数ですが変更をよろしくお願い致します。

赤穂義士のトップページに戻るあかばねげんぞう しげかた

南部坂徳利の別れで 知られるが実際には甘党であったことが分かっている。生国には諸説があり、龍野脇坂藩士の倅から赤穂藩士赤埴家への養子説もあるが立証は未だで不明なところの多い義士の一人です。

赤埴家の家紋です
家紋 鱗内星
赤埴源蔵の石碑の写真です
源蔵の銘板
赤埴源蔵の家系図です
家系図

源蔵の特筆事項

赤埴源蔵の画像です生国について

信濃国飯田(長野県飯田市殿町)の塩山屋敷跡に「源蔵生誕の地」の案内板があり、同市本町に「減蔵旧蹟」の石碑が在ります。「赤穂義士事典」には生国は不明と記載されています。

赤埴家養子説

龍野脇坂藩の塩山家から隣国赤穂浅野藩、赤埴家の養子になった説がある。
父の塩山弥次右衛門は龍野藩脇坂家の家臣で脇坂家の分限帳に実在するが、元禄当時の塩山家当主は塩山与九郎で弟の伊左衛門は稲葉丹後守に仕えたとある。赤穂赤埴家と龍野塩山家の接点は不明で養子説と赤穂浅野藩譜代のいずれが史実なのか。赤穂義士辞典では「浅野家の祖先が常陸の笠間に封ぜられて以来の世臣で・・・」とある。

徳利の別れ 本当は下戸

赤垣(がき)源蔵は「仮名手本忠臣蔵」での名、兄塩山与左衛門(架空の人物)に暇乞いに出掛けたが留守で兄の羽織に向かって酒を酌み交わし別れを告げる話で知られるが、これは十二月十二日に妹婿の所へ暇乞いに行った時の話が源流となり脚色されたもの。実録物でも殆どの作品で登場するが実際は下戸で堀部弥兵衛らと細川家にお預けの時「甘みぞれ」を頂いたと「堀内伝右衛門覚書」にある。

酒豪にされたわけ

討ち入りより百三十年後の天保年間に「徳利の別れ」として講談(講談師一立齋文庫脚色)や小説家為永春水の「正史實伝伊呂波文庫」で大酒飲みに仕立てられて広まった。

遺言

切腹の前に「土屋相模守様御内に本間安兵衛と申すものが有之、これへ今日快く切腹いたした旨をお伝え下されたい」と依頼する。(堀内伝右衛門覚書に記載)

源蔵の出自と経歴など

生年 寛文九年(1669) 家系 藤原姓 浅野家が常陸に封ぜられて以来の譜代の臣
没年 元禄十六年二月四日 出身地 上に記載
享年 三十五歳 赤埴あるいは塩山十左衛門(弥次右衛門)で隠居して一閑と称する。幕府への親類書では赤埴一閑となっている。
戒名 刃広忠剣信士 高野忠左衛門の娘
禄高 二百石・譜代 兄弟 弟 本間安兵衛(老中土屋相模守家来)
妹 阿部対馬守家臣の田村縫右衛門に嫁す
役職 馬廻 親戚 省略
屋敷 江戸藩邸内 変名 高畠源五右衛門・赤垣源蔵重賢(仮名手本)
幼名 不詳 仮寓所 東京芝浜松町で矢田五郎右衛門助武と同居して、当初個人で復讐を狙った。
性格 寡黙な人なり 討入守備 裏門突入隊 吉良邸討入り時の詳細
大小共に無銘・尺不明 お預け所 肥後熊本藩 細川綱利 赤穂四十六士の切腹
雅号 不詳 切腹場所 細川越中守綱利下屋敷
妻子 独身 介錯人 中村角太夫
遺言 上に記載 辞世句 不詳
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼亮
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼定 不参加 萱野重實

■ページの先頭に戻る ■トップページ ■赤穂義士トップページ ■次のページ(礒貝十郎左衛門)
赤埴源蔵の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ