トップに戻る

赤穂義士 原惣右衛門元辰の一部始終

赤穂義士のトップページに戻るはらそうえもん もととき

父の原七郎左衛門は 上杉綱勝(吉良上野介の妻の兄)に仕え、その姫の付き人で婚家である加賀大聖寺藩前田家の臣になった人。討ち入りの前に上杉藩士の従弟二人と義絶している。

家紋です
家紋 角内立葵(異説有)
銘板です
赤穂市内の元辰の銘板
家系図です
家系図

惣右衛門の特筆事項

宅跡の赤穂義士会説明板(転載)

原惣右衛門宅地跡案内板
場所を確認

原 惣右衛門は、大石内蔵助の参謀として、一挙の計画、遂行に多大の貢献があった。元禄十四年三月十四日は、江戸城竜の口の伝奏屋敷に詰めて待機していたが、主君忍傷によって引揚げを命ぜられるや、わずかの時間に伝奏屋敷の家財道具を運びだしたその手腕は見事であった。また、その夜のうちに、内匠頭の切腹の報などを伝える第二の早使いとして、大石瀬左衛門とともに赤穂へたち、五日間で大石内蔵助に伝えて大役を果たした。
江戸に出てからは、和田元真と変名し、吉田忠左衛門らとともに内蔵助の指示のもとに吉良邸討入りの作戦の立案にあたった。元禄十五年十二月十四日の討ち入りには、表門隊に属し奮戦した。のちに熊本藩主細川家にお預けとなり、翌年二月四日増田貞右衛門の介錯で切腹した。 赤穂義士会

原惣右衛門の画像赤穂へ早籠第二便

使者を務める 第二便の使者として江戸城での刃傷事件発生を知らせるため大石瀬左衛門信清と赤穂に発つ。
書状の内容 「大石内蔵助殿、大野九郎兵衛殿、岡林杢助殿、外村源左衛門殿、奥村将監殿、伊藤五右衛門殿、玉蟲七郎右衛門殿 一筆申入候、今般土屋相模守殿より采女正美濃守へ如斯の以御書き付被仰渡候間其元家中侍中末々迄並に町在り中に至る迄騒動不仕物静かに仕り罷在候様に急度可申渡候。右之通り被仰渡候間、重て被仰付有之まで物静かに仕り罷在り、尤も火の元入念候様に可被申付候。此上は大学殿為にて候間此趣家中面々に可申渡候恐々 三月十四日 浅野美濃守 浅野大学 戸田采女正」 早籠の仕組みと料金など 息継ぎ井戸の情報

起請文前書と討入り実況書 文筆家

起請文前書 吉田忠左衛門が立案したものに加筆する。
討入り実況書
別名、討入実況報告書で討入りから四家へお預け迄の記録。元禄十五年十二月二十四日付で大石内蔵助、小野寺十内と連名で原惣右衛門が書いて寺井玄渓に送った書簡。

負傷する

討ち入りの時、表門から突入して足をくじく。(泉岳寺へ引き揚げの時に駕籠を使った説がある)

妻子のこと 長男は三百石の槍奉行に!


赤穂藩士の長沢家から迎え、女子五人・男子二人を産み没する。男子の一人は嬰児のうちに死亡、一人は女児との双子の為、里子に出し僧侶となる。
後妻 お民 因州池田藩より迎えて一子重次郎(後の惣八郎)を得るが離婚。
後妻
おみや(姫路本多家の水野玄覚の妹)と再婚・享保十八年(1733)七月没。墓所は円隆寺で戒名「好祐院妙養日源」、惣右衛門との連名で長男の惣八郎が建墓している。
養子 兵太夫 本多中務大輔家中より養子をとる。実子の誕生で気兼ねして逐電し後不明。
長女 お繁(二十五歳) 次女お倉(二十三歳) 三女お市(十五歳) 四女名不詳(十三歳)
長男 重次郎
当時五歳、討ち入りの罪が及ぶのを心配して谷町長久寺住職に頼んで弟子入りし名を「春好」と改めた後、還俗して「惣八郎」と名乗る。惣八郎は十五歳になって安芸浅野本家に出仕することになり母や姉たちと広島に移り三百石取りの槍奉行にまでなっている。明和六年(1769)八月没、享年七十一歳、墓所は円隆寺、戒名は「本理院観識義道居士」

母について 自殺説は間違い

和田帯刀の娘。せがれ惣右衛門の仇討ちを促す為に自殺したとする説があるが、史実と異なり、原惣右衛門の実弟、和田喜六方で元禄十五年八月十一日に八十二歳で病没している。

兄弟について

実弟 和田喜六、大坂天満十一丁目在住、切腹時には母親、妻のおみや、女子四人と重次郎が寄宿。
実弟 岡島八十右衛門常樹

播州加古川の光念寺の住職清心の妻となり元禄元年(1688)十二月二十四日没。「妙空」の法名がつけられていることが同寺の過去帳に見える。幕府に提出した親類書に見えないのは既に死亡している或いは僧家の嫁である為かは不明。

惣右衛門の出自と経歴など

生年 慶安元年(1648) 家系 本姓 ・ 清和源氏(土岐氏族で甲斐武田家の家臣で原加賀守昌俊の子孫)
没年 元禄十六年二月四日 出身地 不明
享年 五十六歳 原七郎左衛門定正。上杉播磨守綱勝(吉良上野介の妻の兄)に仕えその姫が加賀大聖寺藩前田家に嫁ぐ際に 付き人となったが故あって後年浪人する。
戒名 刃峰毛剣信士 特筆事項に記載
禄高 三百石 新参 延宝三年仕官 兄弟 特筆事項に記載
役職 足軽頭 親戚 従弟 山田長左衛門(上杉弾正大弼家臣 義絶)
徒弟 鳥羽五右衛門(上杉弾正大弼家臣 義絶)
屋敷 赤穂城下 変名 和田元真 ・ 前田善蔵 ・ 原郷右衛門元辰(仮名手本)
幼名 不詳 仮寓所 大坂天満十一丁目老松町 ・ 江戸新麹町六丁目大屋喜右衛門裏店。
性格 信頼のおける人柄 討入守備 表門参謀長 吉良邸討入り時の詳細
広国二尺九寸・脇差国助二尺 お預け所 肥後熊本藩細川越中守綱利 赤穂四十六士の切腹
雅号 来川 切腹場所 肥後熊本藩細川越中守綱利下屋敷
妻子 特筆事項に記載 介錯人 増田貞右衛門
遺言 上に記した「討入り実況書」を内海道億に渡すように堀内伝右衛門に頼み切腹の座についた
辞世の句 「かねてより君と母とに知らせんと人より急ぐ死出の山路」(義人録・鐘秀記・義人遺草)
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼定
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼亮 不参加 萱野重實

■先頭に戻る ■トップページ ■義士トップ ■次ページ(不破数右衛門)
原惣右衛門の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ