トップに戻る

赤穂義士 貝賀弥左衛門友信の一部始終

赤穂義士のトップページに戻るかいがやざえもん とものぶ

吉田忠左衛門の実弟で 姉は岡島八十右衛門の養母、この家系からは四人の義士が出ています。弥左衛門は微禄ながら信頼が厚く円山会議後の神文返しでは仲間の真意を探る重要な役目を果たします。

貝賀家の家紋です
家紋丸に重ね扇
貝賀弥左衛門の討ち入り姿の銘板です
弥左衛門の銘板
貝賀弥左衛門の家系図です
家系図

弥左衛門の特筆事項

宅跡の赤穂義士会説明板(転載)

貝賀弥左衛門宅地跡案内板
場所を確認

弥左衛門は吉田忠左衛門の実弟で、母の実家である貝賀新兵衛の家を継いだ。
兄に劣らぬ誠実で重厚の士であったので、大石内蔵助の信任も厚く、同志の真意を探る神文返しの命を受け、大高源五とともに、京・大坂・播州の神文提出者を訪ねている。内蔵助に仇討ちの意志がなくなったと告げ、神文を一人一人に返す。それを受け取れば盟約から外し、志操堅固な者には真意を話すという重要な役を果たした。赤穂開城後は京に住み、浅野家御用商人の綿屋善右衛門に身を寄せていた。善右衛門は生活に困った他の同志や家族に多くの援助をしている。
討ち入りは表門隊に属し、表門内や長屋付近を固める役についた。兄の吉田忠左衛門と甥の吉田沢右衛門岡嶋八十右衛門も討ち入りに参加している。のちに松平家へお預けとなり、大嶋半平の介錯で切腹した。赤穂義士会

貝賀弥左衛門の画像です赤穂開城時の役目

城の東側の熊見川(現千種川)川岸に並ぶ米蔵から二の丸倉庫に米俵を運び出す。

神文返し

血判を返して意思を確認した結果、同志が激減する 元禄十五年(1702)浅野大学の本家差し置きが裁定された後、円山会議が開催され敵討ちが決定すると、同志の義盟の真意を探るため大高源五と共に血判状返却の使者となり上方同志の意思を見届ける重要な役目を果たす。その結果、義盟参加者百三十余名が五十余名に激減した。

綿屋善右衛門との縁
  • 天野屋利兵衛のモデル 綿屋善右衛門は京都烏丸通リ室町二条上ルに店を構えた呉服商で、宗家広島浅野家や赤穂浅野家のご用を務め、天野屋利兵衛は善右衛門がモデルとの説がある。
  • 大高忠雄(源五)との連署で二十六両を借用している。
  • 兄の吉田忠左衛門ともども善右衛門と親しく交わっており、江戸下向後も手紙による交友を続け、江戸潜伏中の浪士の暮らしの様子を知る貴重な資料となっている。

弥左衛門の出自と経歴など

生年 慶安三年(1650) 家系 本姓 ・ 藤原氏
没年 元禄十六年二月四日 出身地 不詳
享年 五十四歳 実父 吉田助兵衛
養父 貝賀新兵衛 生母の実家,貝賀家の養子となる
戒名 刃電石剣信士 実母 りん(貝賀新兵衛娘)
禄高 十両三人扶持 ・ 新参 兄弟 実兄 吉田忠左衛門兼亮
役職 中小姓 ・ 蔵奉行 親戚 甥 岡嶋八十右衛門
甥 吉田沢右衛門
甥 吉田伝内
姪 吉田忠左衛門娘
姪 伊藤十郎太夫妻(本多中務大輔家臣)
屋敷 赤穂城下 変名 町人 喜十郎
幼名 不詳 仮寓所 京都高倉通リ丸太町下ル・江戸八丁堀湊町 平野屋方
性格 信頼のおける性格 討入守備 表門守備(長屋及び表門の監視) 吉良邸討入り時の詳細
大小共に無銘 尺不明 お預け所 伊予松山藩松平隠岐守定直 赤穂四十六士の切腹
雅号 不詳 切腹場所 伊予松山藩松平隠岐守定直中屋敷
妻子 妻 おさん・娘 お百 介錯人 大島半平
辞世の句 不詳 遺言 不詳
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼定
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼亮 不参加 萱野重實

■先頭に戻る ■トップページ ■義士トップ ■次ページ(片岡源五右衛門)
貝賀友信の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ