トップに戻る

赤穂義士 前原伊助宗房の一部始終

赤穂義士のトップページに戻るまえはらいすけ むねふさ

江戸定府で二代の家臣 江戸市井の事情に詳しく吉良邸の探索には欠かせない存在でした。世才にも長け浪人するとすぐに古着屋を開き、吉良側の情報収集を開始しますが生活は苦しく大石内蔵助の金銀請払帳には金二分の借用が記録されています。

前原伊助の家紋です
前原家 家紋
前原伊助の銘板です
宗房の銘板
前原伊助の家系図です
家系図

伊助の特筆事項

前原伊助の画像です吉良邸の探索 貢献する

浪人直後から吉良邸に程近い日本橋富沢町で古着屋を開業する。昨日まで武士であった者が商売を始めたのである。よほど商才に長けていないとできるものではなく、それだけ復讐の念が強かったともいえるのでは。神文も大高源五より早かったことが源五から堀部安兵衛宛の書状で分かっています。
吉良上野介が八月に屋敷替えを命じられ本所に移ったときには店を吉良邸裏門そばの本所相生町に移し、呉服店を開き探索する。のち、神崎与五郎が麻布谷町で開いていた店(米穀商)と合同して探索を続け情報の収集に大いに貢献した。

討入直前に病気 生活苦にあえぐ

討入り前に病気になったとみえて金銀受払帳に「一金二分、前原伊助相煩候に付服用之人参一両代礒貝十郎左衛門へ渡す」と記されている。

赤城盟伝を著す

復讐の大義を説き、江戸城刃傷事件から赤穂の国難、義挙への推移、不義家臣のことなどを漢文で綴つた「赤城盟伝」は、神崎与五郎の註、木村岡右衛門が跋を書いています。本書は元禄十五年(1702)に東武本所で成り、構成は前原伊助の「国難始末」と神崎与五郎の「絶纓自解」とを併せたもので偵察の合間をぬって著し実に吉良邸討ち入りの1か月前で終わっています。

伊助の出自と経歴など

生年 寛文四年(1664) 家系 ト部氏
没年 元禄十六年二月四日 出身地 不詳 ・ 武蔵国江戸説あり
享年 四十歳 前原自久(浅野家家臣)
戒名 刃補天剣信士 名不詳(元禄十五年十一月に病没)
禄高 十石三人扶持 ・ 二代 兄弟 妹 小川彦兵衛の妻で一柳土佐守家臣、播州小野在住
役職 中小姓・金奉行(江戸定府) 親戚 甥 小川彦四郎・姪 小川彦兵衛娘・従弟 長野源兵衛(永井伊賀守家臣)
屋敷 江戸藩邸 変名 米屋五兵衛 ・ 古着屋権次郎
幼名 不詳 仮寓所 江戸本所相生町二丁目
性格 不詳 討入守備 裏門隊警備 吉良邸討入り時の詳細
国宗 長不知
脇差 同作 一尺八寸
お預け所 長門府中藩 毛利甲斐守綱元 赤穂四十六士の切腹
雅号 不詳 切腹場所 長門府中藩毛利甲斐守綱元下屋敷
妻子 不詳 介錯人 鵜飼惣右衛門
辞世の句 「降り積もる雪に見ぬ世の恋しさに筆墨のあと思ひ染めける」(赤城義臣伝)(鐘秀記)
「春来ぬとさしもしらじな年月のふりゆくものは人の白髪」(鐘秀記) 遺言は不詳です
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼定
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼亮 不参加 萱野重實

■先頭に戻る ■トップページ ■義士トップ ■次ページ(間瀬久太夫)
前原伊助の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ