トップに戻る

赤穂義士 三村次郎左衛門包常の一部始終

ホームページ移転のお知らせとお願い auホームページ公開代理サービス閉鎖(20171031)の連絡を受け、このサイトに移転しました。旧URLでブックマークやリンクをお貼りの皆様、お手数ですが変更をよろしくお願い致します。

みむらじろうさえもん かねつね赤穂義士のトップページに戻る

身分の低い台所役人 開城をめぐる藩士総登城の場には身分の差別で出られず、大石内蔵助に神文を差しだし忠義を貫きたいと申し出た。僅か七石二人扶持の包常を読む度に目頭が熱くなる。

三村次郎左衛門の家紋です
三村包常
三村次郎左衛門の銘板です
包常の銘板
三村次郎左衛門の家系図です
家系図

次郎左衛門の特筆事項

三村次郎左衛門の画像です妻子のこと 哀れ!生活苦

妻(名不詳)は浪居中に妊娠をしていたが堕胎の失敗により元禄十五年二月に死亡する悲劇があり、討ち入り前に妻子の施餓鬼をして弔っている。

義盟への参加 忠義を全う

身分の低い台所役人として会議の場に酒を運んで行くと秘密の話を聞かせまいと話をやめられた。憤然として身分の上下で分け隔てするなら切腹して忠義の志をみせると抗議した。
また別の説では、開城に際し籠城、殉死の議があった時、身分が賤しい為出席することが出来なかった。しかし身は小禄の者といえども、不義に生きて家名をはずかしめんものかと、ひそかに神文を内蔵助に出した。これを見た大石内蔵助は「家中には厚恩を受ける者も少なくない。大方は主家の難を憂えずして後先の考えばかりである。しかるに忠義の士はその方の如き小役人より出ずと。このうえとも励み候え」と励ましたという。

討入り時 裏門を打ち破る

裏門を大槌(かけや)で打ち破り一党の突入を容易にした功績を小野寺十内が手紙に、「此手はかけやを以て三村次郎左衛門三つ四つ戸ぴらを叩きて打ちやぶり、どっとおしこみすぐに上野介殿隠居の玄関へ押入り申候。その勢如何る天魔波旬も面を向ふべからずと思はれ候」と書いている。

母への手紙

孝行息子!討入りの模様を知らせる 「私事、今は十五日のあけ方、上野介の裏門を一番に打ち破り、入ったところ上野介と一緒にいた者に出会ったのでこれを討ち果たし、無事に泉岳寺へ引き揚げたところ、特に内蔵助に呼ばれて、吉良邸における働きを褒められたと」書いている。褒められたことを母に報告する孝行息子。

次郎左衛門の出自と経歴など

生年 寛文七年(1667) 家系 本姓 ・ 藤原氏(備中国の豪族三村氏の一族)
没年 元禄十六年二月四日 出身地 播州赤穂
享年 三十七歳 三村喜兵衛(常陸稲田藩士)
(異説)三村彦左衛門は常陸の国で浪人後、笠間城主浅野長直に仕え赤穂転封に伴い移る説あり。
戒名 刃珊瑚剣信士 安積上閑の娘(奥州の人で松平右近家臣)
禄高 七石二人扶持 ・ 二代 兄弟 不詳
役職 酒奉行台所役 親戚 従弟 三村善兵衛(浪人 常陸稲田郡在住)
従弟 野々村平太左衛門(松平伊予守家臣)
従弟 野々村仁右衛門(松平伊予守家臣)
従弟 野々村八兵衛(松平伊予守家臣)
屋敷 不詳 変名 町人 喜兵衛 ・ 嘉兵衛 ・ 次郎右衛門
幼名 不詳 仮寓所 江戸石町三丁目小山屋弥兵衛裏店
性格 忠節と優しさを兼ね備えたまことの武士。 討入守備 裏門隊突撃
元々は表門隊に組み込まれていたが毛利小平太元義が脱盟した為に裏門隊へ組み替えとなる。 吉良邸討入り時の詳細
無銘 尺不知 お預け所 三河岡崎藩水野監物忠之 赤穂四十六士の切腹
雅号 三包常 切腹場所 三河岡崎藩水野監物忠之中屋敷
妻子 特筆事項に記載 介錯人 稲垣佐助
遺言 不詳 辞世句 「雪霜の 数に入りけり 君がため」
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼亮
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼定 不参加 萱野重實

■ページの先頭に戻る ■トップページ ■赤穂義士トップページ ■次のページ(村松喜兵衛)
三村次郎左衛門の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ