トップに戻る

赤穂義士 奥田孫太夫重盛の一部始終

赤穂義士のトップページに戻るおくだまごだゆう しげもり

江戸城松の廊下での刃傷事件 以後、一貫して吉良討ち入りを主張する急進武闘派だったが大石内蔵助の説得で耐え忍んだ結果が悲願成就につながる。近松勘六の異母弟を婿養子にして親子で討ち入る。

奥田孫太夫の家紋です
丸の内にすはま
奥田孫太夫の討ち入り姿の銘板です
市内にある銘板
奥田孫太夫の家系図です
家系図

孫太夫の特筆事項

奥田孫太夫の画像です赤穂藩との縁
刃傷事件を二度体験する
  • 延宝八年(1664)に芝増上寺で鳥羽藩主の内藤忠勝が恨みから丹後国宮津城主永井伊賀守尚長を刺殺した刃傷事件により内藤家は改易、父孫太夫は浪人する。
  • 内藤家改易の前、息子の重盛は当時兵左衛門と名乗り内藤忠勝の姉の波知が浅野采女正長友に嫁ぐのに付き添い赤穂藩へ来てそのまま馬廻として仕える。その後、江戸詰武具奉行として百五十石で孫太夫を嗣ぎ、江戸城松の廊下での刃傷事件に遭遇する。 波知の墓大蓮寺
剣客 真心影流の剣客

堀内元左衛門正春門下で堀部安兵衛とは同門の間柄。江戸定府であり敵である吉良上野介を前にして仇討ちを強く主張した急進派として知られる。

討ち入り迄の紆余曲折

仇討ち一途の急進派 浪人となった奥田孫太夫(当時は兵左衛門)は堀部安兵衛、高田郡兵衛とともに赤穂に赴き「一同籠城の覚悟ならば城を枕にしよう」と、四月五日江戸を出発する。十四日夜に赤穂に着いたが既に開城に決した事を聞いた三人は大石内蔵助の元へおしかけ籠城を強硬に主張するがついに内蔵助の説得に応じ江戸に帰り時期を待つことになる。「臣下の身として当の敵を見逃しては武士の道が相たたぬ」と早期の仇討ちを主張し続けるが、お家の再興を第一義とする内蔵助は吉田忠左衛門近松勘六原惣右衛門中村勘助大高源五らを江戸に派遣したり再三にわたる書簡での説得など孫太夫ら急進派の鎮撫に大変な苦労をしている。伏見撞木町での放蕩の時期と一致するのは偶然なのか。そうこうするうちに七月十八日、浅野大学長廣の宗家広島への差し置きが決まりお家再興の道が断たれた結果、七月二十八日の京都円山会議で復讐を一決し、吉良討ち入りへ突き進むことになる。

切腹前夜のこと 切腹の練習をする

「切腹の稽古をしたことがないからどうしたらよいか御指南下さい」と言って、切腹前夜に切腹の練習をしたところ、富森助右衛門正因が「ただ首を打たれればよい」とのやりとりが「堀内覚書」に残る。

孫太夫の出自と経歴など

生年 正保四年(1647) 家系 本姓 ・ 藤原氏
尾張国奥田が本領地でのちに近江の佐々木氏に仕えた
没年 元禄十六年二月四日 出身地 志摩国(鳥羽内藤和泉守家臣)
享年 五十七歳 奥田孫太夫(元志摩国鳥羽城主内藤和泉守忠勝の家臣)
戒名 刃察周剣信士 久米半右衛門の娘(相馬長胤家臣)
禄高 百五十石 ・ 新参 兄弟 姉 江戸在住
役職 武具奉行(江戸定府) 親戚 省略
屋敷 江戸藩邸 変名 西村清右衛門(医者と称する) ・ 奥田孫太夫重成(仮名手本)
幼名 兵左衛門 仮寓所 江戸深川八幡町 ・ 深川黒江町
性格 不詳 討入守備 表門隊突入 吉良邸討入り時の詳細
国高 二尺四寸
脇差 一尺六寸
お預け所 肥後熊本藩 細川越中守綱利 赤穂四十六士の切腹
雅号 不詳 切腹場所 肥後熊本藩 細川越中守綱利下屋敷
辞世の句 遺言ともに不詳 介錯人 藤崎長左衛門
妻子 妻 名不詳(寺田九兵衛の娘)
息子(養子) 奥田貞右衛門 (近松勘六行重の異母弟の貞右衛門を養子にした)
娘 名不詳十九歳(貞右衛門の妻)
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼定
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼亮 不参加 萱野重實

■先頭に戻る ■トップページ ■義士トップ ■次ページ(小野寺幸右衛門)
奥田孫太夫の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ