トップに戻る

赤穂義士 杉野十平次次房の一部始終

すぎのじゅうへいじ つぎふさ赤穂義士のトップページに戻る

八両三人扶持の杉野十平次に対し 母親の実家、萩原家は伯父の萩原兵助が百五十石、同儀左衛門は百石と裕福でしたが開城時に不始末がありこれを恥じて義絶。江戸では私財を投じて仲間を助け本懐を遂げています。

家紋です
かりがね
銘板です
次房の銘板
家系図です
家系図

十平次の特筆事項

杉野十平次の画像です経歴と親族
裕福な親戚と義絶して・・
  • 肉親の縁薄く生まれた歳に母を亡くし十歳で父と死別している。
  • 浅野内匠頭に仕えて近習に列し八両三人扶持を得る。
  • 元禄七年の松山城請け取りの時は一行に加わり、同十三年には主君の参勤に従って出府し凶変に遭う。彼自身は微禄であったが母方の荻原家は裕福であった。
  • 赤穂開城の時、母方の叔父達が先祖伝来の大筒を受城使の脇坂淡路守に売り払って藩中の怒りを買い、この事で次房は萩原一族と義絶する。
剣術と家計 達人で裕福

剣術の使い手として知られ江戸では剣術道場を構え会合の場所にも使われた。赤穂浪士の中では比較的裕福で赤穂退去時に家財道具を売り払って千両近くを所持していたが、同志のために惜しげもなく資金を提供したことで知られる。

大屋に遺書を残す

討入り当夜に遺書を置いて出立する 「長十郎殿 拙者共義、亡主内匠頭憤心散じ可申ため今晩可遂本意存立候。先頃より緩々と致借宅、過分之至に御座候。以参謁右之御礼申入度存候得共、此節之義、態々差控、無其儀候。別紙に書付申候。宜敷頼入存候以上 十二月十四日 杉野九一右衛門」

手紙

原惣右衛門宛(元禄十五年五月六日付)で、「然者殿様御法事等の義、御免にて四月十二日より同十四日迄御執行有之、御石塔、御位牌、外聞よろしく建立有之、先以珍重之御事と此上之悦びに御座候。其表に而は、さぞ嘸如何哉と可被思召、見る者よりは見ぬ人の心、扨々(さてさて)存遣られ申候」

十平次の出自と経歴など

生年 延宝四年(1676) 家系 本姓 ・ 藤原氏
没年 元禄十六年二月四日 出身地 播州赤穂
享年 二十八歳 杉野平左衛門(浅野内匠頭家来で十歳で死別)
戒名 刃可仁剣信士 萩原新左衛門の娘(生まれた歳に死別)
禄高 八両三人扶持 ・ 二代 兄弟 兄 平左衛門
兄 萩原三右衛門(元赤穂浅野藩士後浪人)
兄 萩原平七(元赤穂浅野藩士後浪人)
役職 札座横目 親戚 萩原兵助(伯父で元赤穂浅野内匠頭家臣 百五十石)
萩原儀左衛門(伯父で元赤穂浅野内匠頭家臣 百石)
屋敷 江戸藩邸 変名 杉野九一右衛門
幼名 不詳 仮寓所 江戸本所三ツ目横町 紀伊国屋方 ・ 本所徳右衛門町一丁目長十郎店
性格 不詳 討入守備 裏門隊突入 吉良邸討入り時の詳細
宇ノ津 二尺五寸 ・ 脇差一尺八寸 お預け所 長門長府藩毛利甲斐守綱元 赤穂四十六士の切腹
雅号 不詳 切腹場所 長門長府藩毛利甲斐守下屋敷
妻子 不詳 介錯人 榊庄右衛門
遺言 不詳 辞世の句 不詳
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼定
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼亮 不参加 萱野重實

■先頭に戻る ■トップページ ■義士トップ ■次ページ(武林唯七)
杉野十平次の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ