トップに戻る

赤穂義士 矢田五郎右衛門助武の一部始終

ホームページ移転のお知らせとお願い auホームページ公開代理サービス閉鎖(20171031)の連絡を受け、このサイトに移転しました。旧URLでブックマークやリンクをお貼りの皆様、お手数ですが変更をよろしくお願い致します。

赤穂義士のトップページに戻るやだごろうえもん すけたけ

赤穂四十七士の一人 刃傷事件勃発時は江戸にいた。吉良邸討ち入りでは表門から突入して戦闘中に背後から斬りつけられたが、鎖帷子のおかげで負傷せずにすんだとのちに語っている。

矢田五郎右衛門の家紋です
家紋 茗荷の内矢
矢田五郎右衛門の銘板です
赤穂市内の銘板
矢田五郎右衛門の家系図です
家系図

五郎右衛門の特筆事項

家系について矢田五郎右衛門の画像です

先祖は三河の勇士矢田作十郎から出た家柄。作十郎は徳川家康に仕え驍勇をもって称されていた。父利兵衛のとき初めて浅野家に仕えて五郎右衛門に至る。

妻子 預かり手がない

妻(旗本伊丹宇右衛門の娘)は事件前に早世しており、長男、作十郎九歳の預かり手がなかった。江戸には叔母の婚家、吉川藤十郎がいたが旗本の岡部駿河守が同情して子供がいないこともあり作十郎を引き取って面倒をみてくれていた。父の連座で評定所へ呼び出された時、法通り帯刀を外す様に命じた所、作十郎は「付き添いの家来に渡してよいか」と尋ね、少年とは思えぬ態度に居並ぶ役人は流石義士の子であると感嘆したという。幼年で許された彼は再び岡部夫妻に預けられたがその後の消息は不明。長女は事件当時既に亡くなっている。 義士の遺子(男子)一覧

討ち入りの時 刀を折る!

奥田孫太夫勝田新左衛門と共に書院目指して突き進んでいると隠れていた敵が卑怯にも後から斬りかかってきた。鎖帷子のお陰で負傷せずに済んだが、一の太刀で相手を切り伏せ、二の太刀を振り下ろした処、下に火鉢があって刀の切っ先から五、六寸のところで折れてしまったので相手の刀を奪って奮戦した。のちに折れた刀は新刀であったが疵があったのかも知れないと洩らしている。

遺言

世話役の堀内伝右衛門に「討入りの時、佩刀を折り、相手から奪った刀を持っているから遺族が不思議に思うかも知れない。御下げ渡しの節は、そのわけを説明してやってほしい」

五郎右衛門の出自と経歴など

生年 延宝三年(1675) 家系 本姓 ・ 藤原氏(特筆事項に記載)
没年 元禄十六年二月四日 出身地 播州赤穂(武蔵国江戸説あり)
享年 二十九歳 矢田利兵衛(浅野家家臣となる十八年以前に病死)
戒名 刃法参剣信士 田中安兵衛の娘 松平伊豆守家臣吉川藤十郎方在住
禄高 百五十石 ・ 二代 兄弟 不詳
役職 馬廻 ・ 武具奉行(江戸定府) 親戚 伯父 三上道随(水谷主水家臣)
従弟 水上外記(水谷主水家臣)
伯父 吉川藤次郎(松平伊豆守家臣)
従弟 吉川新兵衛(松平伊豆守家臣)
屋敷 江戸藩邸 変名 塙 武助
幼名 不詳 仮寓所 江戸芝通町三丁目桧物屋惣兵衛店
性格 不詳 討入守備 表門隊突入 吉良邸討入り時の詳細
国助二尺 ・ 脇差一尺六寸 お預け所 肥後熊本藩細川越中守綱利 赤穂四十六士の切腹
雅号 不詳 切腹場所 肥後熊本藩細川越中守綱利下屋敷
妻子 上に記載 介錯人 竹田兵太夫
遺言 上に記載 辞世句 不詳
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼亮
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼定 不参加 萱野重實

■ページの先頭に戻る ■トップページ ■赤穂義士トップページ ■次のページ(矢頭右衛門七)
矢田五郎右衛門の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ