トップに戻る

赤穂義士 横川勘平宗利の一部始終

ホームページ移転のお知らせとお願い auホームページ公開代理サービス閉鎖(20171031)の連絡を受け、このサイトに移転しました。旧URLでブックマークやリンクをお貼りの皆様、お手数ですが変更をよろしくお願い致します。

赤穂義士のトップページに戻るよこがわかんぺい むねとし

神崎与五郎と同じ美作ゆかりの武士 どんな経緯で赤穂浅野家に仕官したのかなどこの間の詳細は不明です。仕官後あまり歳月を経ずに江戸城松の廊下での刃傷事件に遭遇し浪人している。

横川勘平の家紋です
横川家家紋
横川勘平の銘板です
勘平の銘板
横川勘平の家系図です
家系図

勘平の特筆事項

横川勘平の画像です家老の家財を封印

元禄十四年四月二十二日に城下から逐電した家老、大野九郎兵衛父子の家財を目付として神崎与五郎と出向いて封印して保管した。

吉良邸探索

決行日決定の功労者 吉良邸での茶会に招待される人が無筆で勘平が代筆をしながら偵察をしていたところ、十二月十四日の茶会への招待に対する返事を頼まれる。
代筆して吉良邸へ文使いとしてそれを届け、吉良邸で茶会が開催されること、吉良上野介が在宅との情報を得ることに成功する。
大高源五の山田宗偏側からの情報と合致したことで十二月十四日の討ち入り日が決まる。

戦闘時に負傷する

討ち入り時に刀創を受ける。歩ける程度の傷だとする説と引き揚げの時かなりの傷で御船蔵から駕籠に乗り行列のかなり後から付いて行った説がある

お軽勘平? お軽勘平のモデルは間違い

仮名手本忠臣蔵の「お軽勘平」の勘平は萱野三平がモデルで横川勘平ではない。

勘平の出自と経歴など

生年 寛文七年(1667) 家系 本姓 ・ 藤原氏(祖父宗右衛門と父は浪人して作州に住む。勘平の代に至り赤穂で浅野内匠頭に仕える)
没年 元禄十六年二月四日 出身地 美作国(岡山県)
享年 三十七歳 横川祐悦(宗悦説あり)元森伯耆守武長家臣後浪人、作州在住 病死
戒名 刃常水剣信士 妾 父と同居で作州在住(親類書記載)
禄高 五両三人扶持 ・ 新参 兄弟 姉 名不詳(作州津山在住)
弟 横川勘左衛門(行方不明義絶 親類書に記載)
役職 徒目付 ・ 焔硝奉行 親戚 不詳
屋敷 赤穂城下 変名 三島小一郎
幼名 不詳 仮寓所 江戸本所林町五丁目紀伊国屋店で堀部安兵衛、毛利小 平太、木村岡右衛門らと同居
性格 不詳 討入守備 表門守備 吉良邸討入り時の詳細
輝長 二尺四寸・脇差一尺八寸 お預け所 三河岡崎藩水野監物忠之
雅号 横宗俊 切腹場所 三河岡崎藩水野監物忠之中屋敷 赤穂四十六士の切腹
妻子 不詳 介錯人 須賀又蔵
辞世句
「まてしばし死出の遅速はあらんともまっさきかけて道しるべせ む」(介石記 ・ 鐘秀記)
「気懸りも なくて今年の 霞哉」(赤城士話) ・ 遺言不詳
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼亮
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼定 不参加 萱野重實

■ページの先頭に戻る ■トップページ ■赤穂義士トップページ ■次のページ(吉田沢右衛門)
横川勘平の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ