赤穂八幡宮 輪越祭に行ってきました!

尾崎八幡宮拝殿
赤穂八幡宮
輪越祭わこしさい(茅の輪くぐり)

六月三十日の夏越の大祓はあいにくの雨でしたが自己反省と誓いを新たにしてきました。日常生活の中でのつみやけがれを茅の輪をくぐり神詣ですることにより清め、明日からの半年を心新たに生きることを誓う神事で十二月三十一日と年二回行われます。

茅の輪くぐり 大祓(おおはらい)尾崎八幡宮の茅の輪

日本人は昔から年月や季節のかわり目にお祭りをして心をあらため過去を反省し、明日への新しい出発を誓いあってきました。このなかでも六月三十日と十二月三十一日に行われる年二回の大祓はもっとも大切なものであります。人間生活では知らず知らずのうちにつみをおかしたりけがれにそまることがありがちです。
大祓とはこのつみけがれに対して行う浄化なのです。このつみとけがれを人形にたくして身や心を清めて正しい人間生活をつづけようというのが美しく豊かな国土のうちに培われた日本人伝統的信仰であり、大祓の意義なのであります。云いかえれば自己反省の日であり、また明日への力強い出発の日でもあります。つぎつぎに仕事に追われ目まぐるしい生活をしている現代日本人はなおさらこの日に大祓をして心身を一新することが大切ではないでしょうか。この意義深い大祓にお配りしている人型に氏名年齢を書き添えて参拝し御神威のまにまにつみけがれを消滅してかぎりない発展を祈願いたしましょう。 赤穂市尾崎 赤穂八幡宮(転載)

■トップページ ■旬な出来事一覧
赤穂八幡宮の輪越祭へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ