赤穂市の災害と規模と気候について

ホームページ移転のお知らせとお願い auホームページ公開代理サービス閉鎖(20171031)の連絡を受け、このサイトに移転しました。旧URLでブックマークやリンクをお貼りの皆様、お手数ですが変更をよろしくお願い致します。

赤穂市の自然災害はどうなのか。阪神淡路大震災の被災者としては大変気になるところでした。遠くに居て調べることの大変さを実感しましたので、何よりも先ずお知らせをしたくてこの頁をつくりました。

赤穂市の自然災害

地震

赤穂市の近くには唯一、山崎断層帯(岡山県勝田町-佐町用-兵庫県三木市)があり地震発生時にはM7.5前後の地震が発生すると推定されています。過去の調査から活動間隔は2000年から2千数百年であることが分かっていて、活動期間を最短の2000年としても前回の地震(播磨国地震)から次の活動までにはあと1000年の余裕があることになり、そのことから今後30年間に山崎断層帯を震源とする地震が起きる確率は0.06%から0.8%と推計されています。

津波

東日本大震災があり、赤穂市でも想定震度が平成15年の中央防災会議が発表した震度5弱から6弱に、2階級引き上げられました。赤穂市では津波の最高値が2.8m、最短到達時間を120分と推計して平成26年度のハザードマップが作られ、各戸に配布されています。市内の370ヵ所に「標高表示板」を設置して避難の目安とし、3m以上の高所に避難するように呼びかけています。

台風(風水害)

昭和51年(1976年9月13日)の17号は九州の西に3日間停滞し各地で降雨量歴代1位大雨を記録した台風で、赤穂市でも大きな被害が出ました。
被害状況 死者2名 / 全壊11戸 / 半壊142戸 / 床上浸水1759戸 / 床下浸水8090戸
平成16年(2004年9月29日)の21号により市北部の有年地区で被害が発生しました。
被害状況 全壊9戸 / 半壊168戸 / 床上浸水290戸 / 床下浸水121戸

赤穂市の概略と平成26年度財政規模

面積 126.88km2 人口 50.523人 人口密度 398.2人/km2 最高海抜 430.8m黒鉄山
市の花木 サクラとツツジ 一般会計 229億3000万円 特別会計 153億9460万円 企業会計 151億3336万円

赤穂市の気象データ

平成16年から6年間の平均値/年(資料提供消防本部)
晴天 197日(晴天率54%) 雨天 92日(雨天率25%) 実効湿度 76.4% 平均風速 2.2m/s
最高気温 35.4度 最低気温 -3.2度 平均気温 16.2度 降雨量 1000mm
■トップページ ■住みよさランキング ■生活ランキング ■主な行事
赤穂市の規模・災害の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ