赤穂市立 有年考古館

公園と展示館のトップページに戻る有年(うね)考古館

日本で一番小さな考古博物館 旧有年村の眼科医、松岡秀夫先生が昭和25年に開館した日本一小さな私立の考古博物館でした。寄贈を受けた市が平成23年11月11日に有年民俗資料館を併設して再開館しました。

有年考古館全景

駐車場などの情報

駐車場の有無や位置情報、付近の見所、最寄り駅、インターチェンジなどのアクセス情報、レンタサイクルはページの最後に掲載しています。

展示室の模様

有年地区と松岡先生

遺跡と古墳の宝庫有年地区! 館の所有者であった眼科医松岡先生はこの館を拠点に、旧赤穂郡内の遺跡の調査を進め、赤穂市の古代史に大きな足跡を残されました。出身地の有年は古代から交通の要衝の地として栄えたため、田中遺跡、蟻無山古墳、木虎谷古墳や最近発見された山田遺跡など遺跡がたくさんあります。市民向けの学習会や講演会も盛んです。

有年考古館の情報

住所
  • 赤穂市有年楢原1164番地1
電話
  • 0791-49-3488
料金
  • 入館無料
休日
  • 火曜日(祝日は翌日)
時間
  • 午前10時から午後4時
公式
鉄道高速
  • 山陽道赤穂ICから17km
レンタサイクルと無料駐車場赤穂市立有年考古館をGoogleマップで確認

有年考古館平面図

地図位置情報

位置情報の使い方Google マップ地図 Mapion
有年考古館34.835241, 134.382587114 271 757
駐車場34.835375, 134.383162114 271 789
駐車場の場所有年考古館駐車場
周辺地図有年考古館周辺見所地図

周辺の見所

前方公園墳の原型 田中遺跡公園縄文の復元住居 沖田遺跡公園ふれあいの森 高雄山

■公園と展示館トップ ■次ページ(坂越まち並み館)

有年考古館へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ