トップに戻る

赤穂義士ゆかりの 赤穂大石神社

大石神社拝殿の写真です
拝殿鉛筆細密画
名所旧跡のトップページに戻る赤穂大石神社

赤穂義士ゆかりの神社として知られ 史料館の義士に関する展示品は質量ともに第一級です。その昔、赤穂の人々は大石内蔵助屋敷跡に小さな祠を建て大石内蔵助を祀っていました。明治元年に明治天皇が泉岳寺の四十七士の墓前に使者を遣わされたのを期に、大石神社創建の機運が高まり、時の花岳寺住職、仙珪和尚らの奔走により、明治三十三年に建立の許可がおり、大正元年十一月三日に鎮座祭が行われています。

ご祭神

大石内蔵助良雄ら赤穂義士四十七士萱野三平及び赤穂浅野藩の長直、長友、長矩歴代三藩主と浅野家断絶後に赤穂藩主となり、十二代、百六十六年間、明治維新までつづいた森家遠祖の七武将(森可成、森可隆、森長可、森成利、森長隆、森長氏、森忠政)です。

境内図です鎮座地

赤穂城三の丸で、家老藤井又左衛門の屋敷跡を中心に大石内蔵助、片岡源五右衛門大石瀬左衛門らの屋敷跡が含まれています。

ご利益

大願成就及び願望成就です。赤穂四十七士が不慣れな江戸で、一年十ヶ月に及ぶ窮乏生活に耐えて主君の仇を討ち大願を成就したことに由来します。

 義芳門の写真です義芳門(正門)

この門は東の楠公西の大石と称せられる我が国の二大忠臣義士のうち楠正成公をお祀りする神戸の湊川神社の神門であったのを昭和十七年移築したものである。明治天皇の思召しで明治五年湊川神社が創立せられた時建てられた欅材入母屋造四脚門の豪快な門である。
幸い義士発祥の当地に移されていたため過る大東亜戦争の神戸大空襲にも焼失を免れ今日百有余年を経てなお其の偉容を誇っている。なおこの門は義士の忠芳義芳を千歳までも伝える意味で「義芳門」と称している。 大石神社案内板(転載)

境内を歩いてみよう

 義士宝物館の写真です
義士宝物館
義士木像奉安殿の写真です
義士木像奉安殿
大石邸長屋門の写真です
大石邸長屋門内
義士宝物殿と同別館

義士の武具などの遺品・暇乞い状や手紙などの遺墨を数多く展示。宝物殿の建物は昭和51年に神戸湊川神社より移転再建されたものです。

義士木像奉安殿

赤穂義士が切腹して満250年(昭和28年)の節目に山崎朝雲をはじめ著名な木彫家が浅野内匠頭長矩・萱野三平を含めた四十九体を製作、展示しています。

大石邸長屋門と庭園

間口二十八間、奥行き四十五間余の広さで、大正12年(1923)に国史蹟に指定されています。長屋門は城内に残る数少ない江戸時代建築の一つで、昭和54年(1979)に解体修理が行われています。

 合祀殿の写真です
境内社合祀殿
義芳館の写真です
義芳館
元禄茶屋の写真です
元禄茶屋とWC
合祀殿、義芳館、元禄茶屋

浅野家時代より山鹿素行の山鹿社・学問の神天満宮・守護神の八田社・恵比寿社・国助稲荷・淡島社・忠魂社の七社が点在していましたが平成十二年に境内社合祀殿が創建され合祀されています。

赤穂大石神社の情報

 大石神社駐車場です
大石神社駐車場
大石駐車場トイレです
駐車場トイレ
歴史博物館駐車場です
博物館の駐車場
住所 赤穂市上仮屋129 電話 0791-42-2054
時間と料金
  • 午前8時30分から午後5時・境内参詣無料
  • 義士木像舘、史料館と大石邸庭園は入館料450円で中学生以下は無料
公式サイト 赤穂大石神社
最寄り駅 JR播州赤穂駅から2km
最寄りIC 山陽道赤穂ICから4km レンタサイクルと善意の無料駐車場
地図データ(位置情報)
使い方と地図検索サイト接続 グーグル地図 マピオン地図
赤穂大石神社 34.749066, 134.388242 541 586 508
最寄り駐車場 34.748185, 134.388102 541 586 387
歴史博物館駐車場 34.748017, 134.390532 541 587 335

観光スポット

大石神社周辺の地図です
近くのスポット

赤穂城跡 萬福寺 随鴎寺 永應寺 歴史博物館 民俗資料館 息継ぎ井戸 花岳寺

赤穂観光スポット一覧グーグル地図

市内の見どころを丸ごとご紹介しています。この地図を開いて各スポットの詳細ページをお訪ね下さい。

■先頭に戻る ■トップページ ■名所旧跡一覧 ■次ページ(正福寺)
赤穂大石神社へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ