赤穂市立民俗資料館

赤穂市立民俗資料館全景
民俗資料館について民俗資料館サムネイル
元は塩の専売公社 塩務局の庁舎として建築された建物を当時のまま保存。赤穂ならではの生活用具や農耕生産機具を展示。

日本近代建築史上貴重な建築物としても知られています。

駐車場の海や場所、レンタサイクル、アクセス、地図位置データなどはページの最後をご覧下さい。

民俗資料館に至る経緯赤穂市立民俗資料館レイアウト
建物は県の重要有形文化財! 明治38年の塩専売法施行に伴い設置された塩務局の庁舎として、明治41年6月に完成。

日本最古の塩務局として、また明治建築史上においても特異な建造物として重要なもので、昭和61年に兵庫県の重要有形文化財に指定されています。

民俗資料館として昭和58年1月に開館。塩務局で使用した器具のほか、江戸時代から昭和初期頃の赤穂で使われていた日常生活用具、農耕用具などの民俗資料を展示しています。

料金・駐車場・レンタサイクル・アクセス

赤穂市立民俗資料館メモ
住所
  • 赤穂市加里屋805-2
電話
  • 0791-42-1361
料金
  • 大人100円 小中学生50円
休日
  • 水曜日(祝日は翌日)
時間
  • 午前9時から16時30分
公式
鉄道高速
  • 山陽道赤穂ICから3km
レンタサイクル民俗資料館を地図で確認
近くの見所
赤穂市立民俗資料館駐車場地図位置情報 使い方のページ
  • [民俗資料館]
  • マップコード 541 586 546
  • 緯度経度 34.749811, 134.382314
  • [駐車場:画像]
  • マップコード 541 586 517
  • 緯度経度 34.749778, 134.382653

■公園と展示館トップ ■次ページ(赤穂海浜公園)

赤穂民俗資料館へようこそ! (C) 2011 tadeho48