赤穂藩浅野家ゆかり 常清寺

常清寺について常清寺サムネイル
城下に於ける役割 赤穂城は城の出丸として城下町に寺院十二ヵ所を配置していました。

常清寺は東北隅にあり東惣門の押さえの役を担ったとされています。

駐車場の有無や位置情報、近くの観光地、寄り駅、インターチェンジなどのアクセス情報、レンタサイクルはページの最後をご覧下さい。

常清寺本堂全景

常清寺縁起・寺宝境内図
元は東性寺が寺号でしたが、東性寺が東照宮と同音であることから初代赤穂藩主浅野長直の三回忌の延宝三年(1675)に長直の法名「久岳院殿前朝散太夫行少府僚湖山常清大居士」をとり常清寺に改められました。

寺宝に浅野家からの寺領寄進状が残されていますが、一般公開はされていないので寺領寄進状を見る事は出来ません。

料金・アクセス・駐車場・レンタサイクル

常清寺メモ
宗派
  • 真言宗
山号
  • 春日山
寺号
  • 常清寺
本尊
  • 大日如来
開創
  • 慶安年間(1648~1655)
寺宝
住所
  • 赤穂市加里屋44-6
電話
  • 0791-42-2805
鉄道高速
  • 山陽道赤穂ICから3km
レンタサイクル常清寺を地図で確認
近くの見所
善意の駐車場
  • 地図位置情報 使い方のページ
  • [常清寺]
  • マップコード 541 587 886
  • 緯度経度 34.752896, 134.393472
  • [善意の駐車場]
  • マップコード 541 587 889
  • 緯度経度 34.752960, 134.394183
  • 寺は奥まった所、道路に寺号の石柱があります

■名所旧跡トップ ■次ページ(高光寺)

常清寺へようこそ! © 2011 (C) 2011 tadeho48