赤穂義士ゆかり 永應寺

名所一 覧ページに戻る永應寺について

宗派 浄土真宗本願寺派

山号 朝日山

開創 延徳二年(1490)

開基 善裕(1451-1516)

お墓 花岳寺の忠義塚の碑文の選者で、延享四年(1747)に「赤穂郡誌」を著した藤江熊陽の墓がある。藤江は赤穂の人で学を好み大石内蔵助はその才を愛でる。21歳の時、京都古義堂の伊藤仁齋、東涯親子に師事して儒学を修め、龍野藩(脇坂安照)の藩儒となる。宝暦元年(1751)に67歳で没した。駐車場、近くの観光地、最寄り駅などのアクセス情報、レンタサイクルの情報はページの後半に記載しています。

永應寺山門と本堂

赤穂浅野藩との関係について

播磨六坊のひとつに数えられた寺院で 赤穂浅野藩時代には米5石4斗4升が給付されていた。寺には義士木像のほか、浅野長矩の遺品として大石内蔵助が寄進した喚鐘とその際の書状が残されている。

永應寺本堂永應寺山本堂
赤穂城の半鐘赤穂城本丸にあった半鐘

永應寺の情報

住所
  • 赤穂市中広1054-1
電話
  • 0791-42-2101
鉄道高速
  • 山陽道赤穂ICから4km
レンタサイクルと無料駐車場永應寺をGoogleマップで確認
善意の駐車場善意の駐車場
境内図と駐車場所永應寺境内図

地図位置情報

位置情報の使い方Google マップ地図 Mapion
永應寺34.750144, 134.39484541 587 592
善意の駐車場(無料)34.751125, 134.395151541 587 682

永應寺周辺見所地図

周辺の見所

刃傷事件 息継ぎ井戸義士ゆかり 花岳寺義士ゆかり 随鴎寺
市立歴史博物館義士の故郷 赤穂城跡義士ゆかり 大石神社

■名所旧跡トップ ■次ページ(普門寺)

永應寺へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ