赤穂義士 間瀬孫九郎正辰の一部始終

ませまごくろう まさとき間瀬孫九郎サムネイル
間瀬久太夫の長男

刃傷事件勃発時は二十一歳、部屋住みの身分であったが、赤穂城中の義盟に加わる。

六月には父と共に赤穂を去り加東郡に仮寓しながら時機が至るのを待ち、山科における連判にも加わる。

家系図・家紋・性格・多川一族の義士

血族義士の多さに驚く

間瀬家系図多川一族家系図

  • 刈部弥次郎の娘 播州亀山在住
  • 間瀬左太八正嶺
  • 三木団右衛門娘(竜野在住 元赤穂家臣)

家紋:右三ツ巴(巴説有)間瀬家家紋

間瀬孫九郎討ち入り姿義士四十七士の中でも親戚の多さは突出している。

一族の多川九左衛門は収城目付に吉良上野介の処分(喧嘩両成敗)を願い嘆願使として江戸に派遣された人物。

結果は道中で行き違いになり役目を果たせずに終り無能よばわりされ、非難される。

室鳩巣は「義人録」の中で「多川・月岡是に於て使命を辱しむという可し、赤穂材なきに非ざる也。吉田・小野寺の練達あり、富森・神崎の勇幹あり。その他原・間・大高の徒皆選也。良雄(大石内蔵助のこと)是に於て人を知らずと云うべし」と述べている。

これに関して「赤穂義士実纂」の中で斎藤茂先生は「何をか言わんやと申し上げたい。しかも多川九左衛門は小野寺(父子)・大高・岡野・間瀬・中村の義士達の一族である」と。

仇討ちまで

石板:赤穂市内間瀬孫九郎の石板

京都円山会議にも父とともに出席し、復讐が一決されるや九月二日、吉田沢右衛門、不破数右衛門とともに江戸に下り中村勘助、岡島八十右衛門、岡野金右衛門、小野寺幸右衛門の五士と同居し、偵察にあたった。赤穂義士の中に親戚が多く五名を数える。

性格について

優しい心の持ち主であったが、部屋住みにも拘わらず、開城時から義盟に加わり京都の円山会議にも父親と出席している。

刀・遺言・辞世の句・戒名

間瀬孫九郎備忘録
生年
  • 天和元年(1681)
没年
  • 元禄十六年二月四日
享年
  • 二十三歳
戒名
  • 刃太及剣信士
雅号
  • 不詳
家系
  • 本姓・紀氏
出身
  • 不詳
屋敷
  • 赤穂城三の丸
役職
  • 部屋住み
禄高
  • 無禄
妻子
  • 独身
性格
  • 特筆事項に記載
変名
  • 三橋小一郎
仮寓
  • 開城後六月に加東郡に仮寓・江戸新麹町四丁目和泉屋五郎兵衛店
  • 不詳
討入切腹
遺言
  • 不詳
辞世
  • 不詳
赤穂四十七士と萱野三平

■義士トップ ■次ページ(三村次郎左衛門)

間瀬孫九郎の頁へようこそ! (C) 2011 tadeho48