赤穂義士 吉田沢右衛門兼貞の一部始終

よしださわえもん かねさだ赤穂義士のトップページに戻る

吉田忠左衛門の長男 元禄十四年の凶変時は部屋住み(蔵奉行説あり)の身で二十九歳。開城後は父と共に加東郡に退きひたすら時機を待つ。兼貞を兼定とする書もある。

沢右衛門の特筆事項

父と共に・・・

吉田沢右衛門の画像六十を過ぎた父親が仇討ちのために奔走する姿をみて元禄十四年七月二十八日の円山会議前後より同志に加わっています。
八月下旬に京都を発ち下向し、九月二日に江戸に到着。父とともに新麹町六丁目大屋喜右衛門裏店に同居し、以後吉良邸の探索に奔走します。
吉良邸への討ち入りでは表門隊に属し岡島八十右衛門小野寺幸右衛門と共に突入して本懐を遂げます。

美男子

赤穂藩浅野家随一の美男子と伝わります。

家紋 丸に剣花菱吉田沢右衛門の家紋
赤穂市内に設置の銘板吉田沢右衛門の銘板
家系図吉田沢右衛門の家系図

沢右衛門の出自と経歴など

生年
  • 延宝三年(1675)
家系本姓・藤原氏
没年
  • 元禄十六年二月四日
出身播磨
享年二十九歳
戒名
  • 刃当掛剣信士
  • おりん(熊井新八の娘播州亀山領在住)
禄高
  • 十三両三人扶持・譜代(無禄説あり)
兄弟
  • 弟 吉田伝内
  • 妹 おさん(伊藤十郎太治興妻、本多中務大輔家臣)
  • 妹 おすへ(母と共に住む、のち同上那須高矩に嫁す)
役職
  • 蔵奉行(部屋住み説あり)
親戚
屋敷播州加東郡変名
  • 田口左平太・町人 佐助
幼名不詳仮寓
  • 水田 二尺九寸・脇差 水田 一尺八寸
討入
妻子独身切腹
遺言不詳辞世不詳
赤穂四十七士と萱野三平

表門隊(23士) 大石良雄 大高忠雄 岡嶋常樹 岡野包秀 奥田重盛 小野寺秀富 貝賀友信 片岡高房 勝田武堯 神崎則休 武林隆重 近松行重 富森正因 間光興 早水満堯 原元辰 堀部金丸 間瀬正明 村松秀直 矢田助武 矢頭教兼 横川宗利 吉田兼定
裏門隊(24士) 赤埴重賢 礒貝正久 潮田高教 大石良金 大石信清 奥田行高 小野寺秀和 茅野常成 木村貞行 倉橋武幸 菅谷政利 杉野次房 千馬光忠 寺坂信行 中村正辰 間光延 間光風 不破正種 堀部武庸 前原宗房 間瀬正辰 三村包常 村松高直 吉田兼亮 不参加 萱野重實

■トップページ ■義士トップ ■次ページ(吉田忠左衛門)

吉田沢右衛門の頁へようこそ! © 2011 tadeho All Right Reserved 忠臣蔵のふるさと赤穂においでよ